ブドウ糖の濃度

町や会社などの健康診断の結末で、血糖値が高いとか低いとかいわれて再検査になることはありますがでは正常値がどれくらいなのほとんどの人が知りませんがということはあまり記載されていません。血糖値というのは、一人の等しい人でも一日の時間でずい分変動があります。そもそも血糖値とは血液中に含まれるブドウ糖の濃度をあらわしたデータです。食事を取れば血液中のブドウ糖量は一気に上昇しますから、血糖値が上がります。血液中のブドウ糖濃度が下がると人は空腹感を感じるようになっていますので空腹時に計測すれば血糖値は低いというわけです。

つまる所一日三食が根本の人のとき一日の時間で血糖値は何度も上下を繰り返すことになります。一日の時間で変動を繰り返す血糖値は正常値がどれくらいと設定するのが小難しいのです。普通的には食後45分~1時間後の一番血糖値があがった時に140mg/dl未満が理想的なデータといわれており食後2~3時間で食前の血糖値に戻るといわれています。食後2時間後に血糖値が180mg/dlを超えていると血糖値が高いといわれ、140mg/dl以下なら正常と判断されています。普通的に正常値といわれる80~100mg/dlというデータは空腹時のデータになります。ですから血糖値に関しては、測定する時間が大変大事です。また、血糖値が50mg/dlを下回ると低血糖といわれすべて低下すると予断を許さないですから70mg/dl以下になったら糖質を摂取する必要があるといわれています。