あまい女子症候群

 

あまい女子症候群は通称で元来はソフトドリンクケトーシスという名称の病気です。甘いジュースや清涼飲料水には大部分の甘味が含まれています。わけても一部分のスポーツ飲料は運動などで使った熱量を即補充する為吸収しやすいブドウ糖の形状で含んでいます。そして、生理食塩水に間近浸透圧で作られているのですぐに吸収されます。また、甘いジュース清涼飲料水はとてもたくさんの甘味を含んでいる為、飲んでも飲んでものどが渇くという訴えがおきやすいのが性質です。これらを知らずに甘いジュースなど清涼飲料水やスポーツドリンクを一気に多量に飲んで急性糖尿病で医療施設に運ばれるあほ多くもあります。このように甘いジュース清涼飲料水やスポーツドリンクの飲みすぎが引き起こす高血糖のありさまをあまい女子症候群と呼んでいます。一気に飲んで発症する急性糖尿病だけがペットボトル症候群ではありません。日ごと、清涼飲料水やスポーツドリンクを飲み水代わりに飲むくせを持ち切れ目なく高血糖の「モード」に陥っている人物も同類にペットボトル症候群あまい女子症候群と呼びます。児童のときはわけても糖分ものを好む特性がありますし清涼飲料水はからだに害毒を流す」と思っていても「スポーツドリンクは肉体に好ましい」と勘違いしている人物も沢山明け暮れ的にスポーツドリンクをまみず代わりに飲んで糖尿病に陥る児童も増えています。あまい女子症候群の女はスポーツドリンクは猛烈な運動時の水分補給や精力補給には痛く適した飲料ですがわが家内で運動せずに過ごしている立場では甘味の異常な摂取になってしまいます。