ホルモンバランスバストアップ

バストは、脂肪組織、腺組織、繊維組織で構成され、 血管、乳管、脂肪、乳腺、感覚神経で形成されております。バストの下部には、腕の動きを支える大きな筋肉、胸筋があります。乳房の9割は脂肪で、1割が乳 腺になります。乳腺は、乳房一つあたり15~25個の塊として存在し、乳頭の周囲に放射状に並んでいます。それぞれの塊を葉(よう)と呼びます。それぞれ の乳腺の葉からは乳管が乳頭まで続き、乳腺より機能し分泌された乳は、乳管、乳頭を通して体外へ出るという仕組みになります。乳腺乳腺は、お乳を分泌する 器官。少し硬くてコリコリしていり組織です。乳房のふくらみの大小を決定するのがこの乳腺で、乳腺が発達しているほどバストは豊かになります。乳腺脂肪体 乳腺脂肪体は、バストの皮膚下にあって、乳腺を守っている器官になります。バストの張り、丸み、柔らかさ、バストの大小がこの脂肪組織の量で決まります。 大胸筋大胸筋は乳腺、脂肪組織などを下から支える土台の役目となります。大胸筋がしっかりしてないと、バストを支えることができず、バストの形が崩れてし まいます。バストの重みを支えているのは、大胸筋とバストの上の皮膚なのです。皮膚がたるみと大胸筋の衰えで、バストが下垂したりするのです。つまり、美 しいバストを作るためには乳腺・大胸筋・肌の3つを満遍なくケアする必要があるということです。肌バストを上から覆っているのは「肌」になります。 この肌に弾力や張りがないと、バストは綺麗に見えません。また、バストを支えてる力も低下していきます。 そのため、デコルテ部分からバスト周辺の肌をマッサージしたり、オイルを塗ったりして、特別なケアを心がけるようにしましょう。ホルモンバランスバスト アップはホルモンバランスから?ホルモンバランス表ホルモンバランスとバストの関係バストアップはホルモンバランスに大きく左右されます。特に発達しやす い時期、10代半ばの中学生くらいでしょうか?この時期に大きく成長をします。女性らしいラインを作り上げる上で最も重要と言われているのは女性ホルモン なのです。中でもエストロゲン・プロゲステロンが大きく関わっているという事は有名です。女性ホルモンは10代半ばから成人期にかけて分泌されます。その女性ホルモンサプリでエストロゲンの分泌量が多いほどバストが発達して女 性らしい豊満なバストになります。第二次成長期の貧乳解決法貧乳の原因バストアップに影響のある、第二次成長期の原因として以下の事があげられます。①ス トレス②過度の運動③ダイエット④偏食⑤不規則な生活習慣この大事な時期に女性ホルモンを整える事で将来が決まると言っても過言ではないでしょう。第二次 成長期からエストロゲンなどの関連性のある食材、サプリメント等を多く接種する事が未来のバストには有効的です。成人女性のバストアップ対策?エストロゲ ン?では成人の女性はどうしたらいいのか?23歳を過ぎると女性はエストロゲンの分泌量が減少してしまうと言われています。この為バストが小さくなった り、ハリをなくし下垂が起こってくる事も考えられます。この「エストロゲン」「プロゲステロン」を補うには、食事ではなかなか難しいのでサプリメントを接 種する事をおすすめします。その効果も日々研究され続け多くの商品が開発されております。また、今は矯正下着なども多数発売されております。こちらは、大 きくするというよりも形を整え張りを落とさず維持をする目的の商品ですので張りや形を整えるのに必要不可欠となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です